キャッシング申込み

キャッシングの返済で延滞してしまったら…

キャッシングでお金を借り入れした場合、絶対に行わなければならないのが返済です。借り入れをする場合は、事前に返済のことをしっかり頭に入れておかなければ、起源までにお金を返せず、延滞してしまうということもあるのです。また、「返済しようと思っていたのに、うっかり忘れてしまっていた…」という延滞もあると思います。

キャッシングで延滞をしてしまった…そんな場合に、まずしておきたいのが、借り入れをしたキャッシング会社にお詫びの電話を入れておくことです。「この日とは延滞してはいるけれども、しっかりと謝りの連絡を入れてくれたので、今後はちゃんと返済してくれるだろう」と、逆に信頼感を与えることに繋がるのです。むしろ、延滞しているのに、何の連絡も入れてこないと、逆に相手にマイナスイメージを与えることに繋がってしまいます。

キャッシングの延滞は、それを返済すれば終わりと言うものでもないのです。延滞をしたという事実は信用情報機関に登録されることで、今度、別のキャッシング会社から借り入れをしようと思っていても、審査の際に「過去のキャッシングで延滞をしたことがある」というデータによって、審査に通過できないということもあるのです。

お金は借りたら返さなくてはいけないのは当然のこと。それが出来なければ、自分自身の信頼を失ってしまい、やがてキャッシング会社からの借り入れがすべてNGとなってしまうこともあるのです。延滞は信頼を失うことに繋がる…それを肝に銘じた上で、無理のないキャッシングを行うことが大切なのです。

このページの先頭へ