キャッシング申込み

キャッシングを行う際の限度額を知っておこう

キャッシングはお金が必要だけれども、手元に必要なお金がないというときに大変便利なサービスです。しかし、キャッシングを行う際はいくらでも借り入れできるかと言えば、そうではありません。キャッシング会社ごとに限度額というのが定められており、その額以上の借り入れは原則として出来ないような仕組みになっているのです。

キャッシングを行うに当たっての限度額は、多くの会社で300万円とされているようです。しかし、例えば限度額300万円としている会社なら、誰でも300万円を借り入れできるかと言えばそうではありません。申し込んだ方がどんな人物かによって、個人ごとに限度額が設定されており、その最高額が300万円となっているのです。

例えば、新規に申込みを行った方がいたとします。審査の結果、安定した収入があり、特に問題はないことが分かりました。しかし、このような新規の顧客の場合、いきなり会社が持つ限度額一杯のキャッシングは出来ないのが一般的です。つまり、新規の顧客の場合、キャッシングを行った実績がないため、会社側としては「安定した収入はあるけど、本当に返済をしてくれる人なのだろうか…」と判断するのです。そのため、最初のキャッシングでは限度額は低めの設定になる傾向が強いようです。キャッシングをたびたび利用し、その都度、しっかり期日を守って返済しているという実績があれば、それだけ限度額も高めに設定されます。要するに限度額は、利用する会社との信頼関係によっても上下すると言うことです。

その他にも、無担保で無利息の借り入れの場合は限度額が低めに設定されることが多いようです。また、年齢的に若い方や、けして収入が多くない方などの場合、審査の結果で限度額を低めに設定されるのです。このように限度額は申込みを行った方の収入状況や、年齢、さらにはキャッシングをどの程度利用しているかによっても、大きく変わってくるのです。

このページの先頭へ