キャッシング申込み

キャッシングに関する法律改正を頭に入れておこう

近年、キャッシングによって自己破産してしまうというケースが相次ぐようになりました。借り入れを行ったものの、不景気などの影響のために、当初の計画どおりに返済が出来ずに金利によって返済額が膨らみ、その返済のために別のキャッシング会社からお金を借りて…という感じで、どんどん悪循環を引き起こしてしまい、やがて自己破産したといった具合です。最終的には借り入れが膨らみすぎても、自己破産すれば良いと安易に考える方まで増えていました。

しかし、2010年からはこのようなケースを防ぐために改正賃金業法が改正されることになり、特にキャッシングの限度額が無担保のローンであれば、年収の3分の1にまで抑えられることになったのです。また、1つのキャッシング会社から借り入れをする場合は50万円以上、複数からなら合計が100万円をこえる場合は、借り入れの際に所得証明や源泉徴収票を提出する必要があるのです。また、専業主婦の場合は世帯収入から借り入れの是非を判断することになるなど、特に大きな額の借り入れの際に厳しい審査が行われることになったのです。

これに伴って、キャッシング会社は限度額を減らすところも増えています。また、特に収入がない方がキャッシングを行う場合は、提出しなければならない書類が一段と増えるために、借り入れが出来るまでにかかる時間は長くなってきます。キャッシングを行う場合は、このような法律改正も頭に入れておくことが大切だといえるでしょう。

このページの先頭へ