キャッシング申込み

キャッシングで過払いを防ぐポイント

キャッシングにおいて金利は非常に重要です。キャッシング会社を選ぶ際も、この金利を基準にして検討される方も多いと思います。

しかし、この金利に関して、「過払い」と呼ばれるものが発生するケースも多いのです。過払いとは、つまり利息を払いすぎている状態をことを指します。その原因は、利息制限法と賃金業法の2つの法律の中で、利息の上限に関する記述が異なっていることにあります。利息制限法では年18%、賃金業法では年29.2%が上限とされており、この差が過払いを生じさせているのです。金融業者は利息制限法を、賃金業者は賃金業法を適用するのが基本であり、金融業者は利息制限法を越えるけれども、賃金業法を超えない金利を受け取ることが出来ないとされています。

このような2つの法律が異なる金利を適用していることから、知らぬ間に利用者側が利息を過払いしているというケースも増えているのです。利用者側である私たちは、キャッシングを行う際に、利息を過払いしていないかを常に気に留めておくようにしましょう。もし、法律以上の利息を払っているようであれば、司法書士や弁護に相談することで、過払い分を請求することも可能なのです。今、キャッシングを行っている方は、自分自身が過払いをしていないか、確認してみましょう。

このページの先頭へ