キャッシング申込み

キャッシングの総量規制って?

キャッシングを行うに当たって、頭に入れておきたい用語の一つに総量規制というものがあります。この「総量規制」というのは、金融庁が取り仕切っている賃金業法の中にある、キャッシングに関する利用制限のことを示します。つまり、どの程度まで借り入れすることが出来るかということを表しており、自己破産や闇金融による被害を防止するために、この規制が設けられました。つまり、限度額を規制することによって、ある一定以上の無理な借り入れを事前に防止することで、自己破産などを防止するのです。

総量規制では年収の3分の1が借り入れの限度額とするよう規制されています。つまり、年収が300万円であれば、100万円が限度額の制限とされるわけです。これは1つのキャッシング会社から借り入れを行う場合の総量規制ではありません。もし、複数のキャッシング会社からキャッシングを行っていたとしても、その合計の借り入れ金額が年収の3分の1を超えることが出来ないということを意味しています。

キャッシングを利用する場合は、「いくら借り入れを行いたい」と考える前に、「いくらまでなら借り入れを行うことが出来るか」という点をしっかり念頭に置く必要があります。キャッシングの総量規制によって、自分自身がどの程度まで借り入れが出来るか、もう一度、年収を振り返って計算してみることが、キャッシングをより便利に利用できる方法と言えるでしょう。

このページの先頭へ